もみすたアイキャッチ_1

マッサージで指が痛い!親指を痛めない為のストレッチ

親指の痛みにはストレッチ!手首と親指を伸ばして怪我を予防するストレッチはどこでも簡単に出来ます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

整体師、セラピストとして働く人が必ずと言っていいほど、体験してしまう親指の痛み。中には、痛みが原因でリラクゼーションマッサージ業界を離れざるを得なくなる程、深刻なケースもあります。

施術で指を痛めない為には、職場のベットを利用して簡単にできる、親指の怪我を予防するストレッチを行って施術に入る癖付けをしていきましょう。

腱鞘炎の症状とセルフチェックのやり方はコチラ。
http://www.momisuta.com/nocategory/589/

施術中に親指手首がびりびりと痛い時のケアと対処法はコチラ。
http://www.momisuta.com/nocategory/1819/

親指の痛みの部位と種類に合わせたケアはコチラ。
http://www.momisuta.com/massageprofessional/570/

 

マッサージ業界で働く人の多くが悩む指の痛み

整体リラクゼーションマッサージ業界で働く人が一番最初にぶつかる問題、それは指の痛みと言っても過言ではありません。

一度痛めてしまうと中々治らないのが指。痛みも強いし治りも悪い厄介な怪我ですので、とにかく予防が大切です。

指が痛くなる原因はいきなりの施術

親指の痛みで悩む人は多い

職場に行ってスグにお客様への施術を行うのは、指や腕の関節を痛める原因となります。

筋肉や筋、関節を十分に伸ばして施術中に怪我をしないように必ず手と指のストレッチをして怪我を予防しましょう。

手と指を伸ばすストレッチのポイント

手を十分に伸ばして柔軟性を持たせることがストレッチのポイントです。手の筋や筋肉・関節が柔らかくなることで怪我の予防に繋がります。

ポイント1:体重を使ってストレッチ

お店や自宅にあるベットや机の縁に指をひっかけて自分の体重を使い指にストレッチをかけます

この時、腕の力を使ってしまうと指が力んでしまい、しっかりと指が伸びないのでストレッチの効果が半減してしまいます。必ず自重でストレッチを行いましょう。

ポイント2:痛さを感じない程度が強さの基準

指や手が疲れているとストレッチ中に痛みを感じます。筋肉や筋、関節が硬くなっているためです。

硬い状態で伸ばし過ぎてしまうのは良くありません。

痛さとストレッチの効果には関係はありませんので、やり過ぎには注意してください。逆に痛めてしまうこともあるので痛気持ちいい程度の負荷で体重をかけましょう。

ポイント3:1回4秒を3セット行う

指を伸ばし始めて筋肉が伸びるまでに最低4秒間は必要です。

焦らずじっくり負荷をかけることがポイントです。硬い筋肉や筋・関節に急激な負荷をかけると痛めてしまう原因になるのでご注意ください。

伸ばす時間は4秒以上でも問題ありません。ゆっくりじっくり伸びたと思うまで行ってください。

また、3セット行うことは筋肉や筋・関節を優しく十分に伸ばすために必要です。ストレッチは焦らずじっくり行ってください。

指のストレッチは手の腹の部分が決め手

前腕部を伸ばすことが指を痛めないポイント
整体マッサージを行うとき、親指を真っ直ぐ立てますが、その時、手の腹の部分に当たる『拇指内転筋(ぼしないてんきん)』『拇指対立筋(ぼしたいりつきん)』などに力が入っています。

この部分がしっかりと伸びている感覚が親指のストレッチで大事なところ

あずきのチカラ 首肩用
あずきのチカラ 首肩用
通常¥1,782-. 新品価格¥1,176-.

手のストレッチは前腕部が伸びることが大事

前腕部のストレッチが指を痛めない為に必要
ストレッチの際は前腕部がしっかりと伸びるように意識するのがポイントです。

通常は寝ているお客様に対して、施術者が上から手を当てて圧を加えるのが最もベーシックなマッサージのやり方です。

この際、手の前腕部は常に施術者自身の体重を受けることになるので負担が大きくなるので、しっかりストレッチを行ってください。

 

まとめ

  • ストレッチをせずに、いきなり施術に入ると手や指を痛めやすい。
  • ベットや机で施術前にストレッチすることでケガを予防ができる。
  • ストレッチは自分の体重を使って行う、腕に力を入れると指の筋肉は伸びない。
  • 痛気持ちいいくらいがストレッチのポイント、強すぎると逆効果。
  • 4秒以上3セット行うと効果的。
  • 指は腹の部分を、手は前腕部を意識して伸ばす。

指を痛める原因は様々ありますが、硬くなった筋肉や筋・関節は痛めやすいので、まずは手や指の筋肉や筋・関節を伸ばし柔軟性を高めましょう。

しっかりストレッチを行うことで指や手の怪我は劇的に少なくなります。怪我をしてからでは遅いので施術の前と後には必ず親指のストレッチを行いましょう!既に痛い人にはこちら、お医者さんが開発した手首サポーター



0円でセラピストの資格を取ろう!最短2週間で卒業♪【Re.Ra.Ku】

 

もみすたSNSで最新情報配信中

もみすたSNSでは、動画の最新情報や整体マッサージ業界の裏話やテクニック、誰でも簡単に出来るセルフストレッチやマッサージ方法を配信しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

登録しておけば、もみすたブログの更新情報もスグにわかるので是非よろしくお願いします。
ボディトレーナーダイスケ
もみすた・ダイスケ
ボディトレーナーのダイスケです。整体マッサージの色々な情報を分かりやすくご紹介しています!プロの整体師の方には施術のコツを肩こりや身体の不調に悩む方には自分で出来るマッサージをご紹介!
おすすめ
注目されてます