むくんでないのに足が重いだるい!足を軽くするマッサージ!

むくみがないのに足が重いだるい!足を軽くするマッサージ!

体は軽いのに足だけ重いだるい足がむくんでるわけでもないのにちょっと歩いただけで辛い。足を軽くするマッサージをしよう!
Post: 2015年08月06日
LastUpdate: 2017年05月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

とにかくいつも足が重くてだるい、そんな症状に悩む人のふくらはぎや太ももを触ってもあんまり硬くないし、浮腫みもない。そんな場合は、足ではなくお尻の筋肉にコリが出来ている可能性があります。

足に関わるお尻の周りに付いている筋肉である小殿筋と大腿筋膜張筋をしっかりともみほぐして、足の重だるさを解消しましょう。

むくんでないのに足がだるい重い

体は元気で軽いのに足が重くてだるい、階段や散歩も下半身だけ辛くなる、かと言って足がむくんでいるわけでもない。

販売員などの立ち仕事やデスクワーカー等、長時間同じ姿勢を取る人に多くみられ年齢や性別も特に関係ありません。

このような症状の人が、オイル等を使ったリンパマッサージや足のマッサージを受けても一時的に足は軽くなりますが、またすぐに足の重だるさが戻ります。

足の重だるさの原因、それを見極めてアプローチすることが、むくみがないのに足が辛い人の症状を改善する為に必要です。

 

原因は足ではなくお尻と骨盤の筋肉

お尻の筋肉と骨盤

足を動かす際に使う筋肉は数多くあり、中でも足の付け根に当たる筋肉はお尻と骨盤周りに集中しています。この足の付け根部分の筋肉がコリ硬まると足の付け根より下にある筋肉全てに影響します。

足の筋肉は柔らかいのにすぐに足が重くなり、辛くて歩くのもしんどく感じてしまう。その原因は足の付け根の筋肉、つまりお尻と骨盤にあるのです。

中でも一番足に影響を与えるのが小殿筋(しょうでんきん)と大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)

どちらもコリ硬まってくると下肢全体に悪影響を与えひどい場合は痺れ等を伴います。また、セルフでのストレッチやマッサージが難しい箇所です。

どこにある!?中殿筋と見分けがつかない小殿筋

わかりにくい小殿筋

小殿筋は中殿筋の下層にあるインナーマッスルと呼ばれる深層筋。かなり深い場所にあるので触診は極めて難しく判断が出来ません。

また、中殿筋の真下に位置する小殿筋は指や肘を使って圧をかける際、相当の強さで押し込まなければ小殿筋に圧は届きません。しかし、それでは施術者は疲れてしまいます。

『揺らす』波打つようにゆらゆらと一定のリズムで

そこでポイントは、まず中殿筋に圧をかけそのままお客さんの体を大きく揺さぶります。波打つようなイメージでゆらゆらとゆっくり一定のリズムで揺らして下さい。

あまり激しく揺らしたりぎっこんばったんとリズムが乱れた揺らし方をするとマッサージを受ける方はストレスを感じてしまいますので注意して下さい。

揺らすことで相手の体重を利用しより深く圧がかかり中殿筋の奥にある小殿筋へ圧が届き易くなります。

また、一定のリズムで揺らすことでリラックス効果が発揮され筋肉は緩みます。

マイナーだけど重要な大腿筋膜張筋(だいたいきんまくちょうきん)は仰向けでほぐす

大腿筋膜張筋

あまり馴染みのない大腿筋膜張筋と言う筋肉。足の付け根の前側に位置し触ると若干くすぐったく感じる人もいます。

この箇所にコリがある人へマッサージをするとほぼ100%の確率で悶絶します。中には、効きすぎて体をよじってしまう方も多くいますので注意が必要です。

1、膝を立てて足を固定する

仰向けに寝てもらったら膝を約45度くらいの角度にして立てます。立てた膝の側の足の甲を施術者の足で軽く踏んで押さえます。これは、施術中にお客さんが痛みから体を動かしても大腿筋膜張筋の位置をずらさない為です。

2、膝を内側から外側へ、ゆらゆらと波打つように

膝を内側に倒し指(親指でも、四指でもOK)を大腿筋膜張筋に軽く乗せたら膝を外側へ開きながら圧をかけます。

45度ほど開いたら内側へ戻していきます、内側へ戻す際も圧は抜かずにかけたままです。これを繰り返し徐々に圧を強くしていってください。

3、痛いからこそ効き目は抜群

大腿筋膜張筋にコリがある人は以上のやり方でマッサージすると間違いなく悶絶し力みます。お客さんに息を大きく吐いてもらいながら施術するとより深く圧がかかり、力みも取れて施術中の痛みも和らぎます。

あまりに強い圧は問題ですが多少の痛みはやむを得ません、お客さんが痛がるからといって安易に圧を弱めずに説明をしつつ圧の加減を調整しましょう。

 

むくみがないのに足が重いだるい人のマッサージまとめ

足の付け根の筋肉がコリ硬まると、むくみがなくても足全体が重だるくなる。

小殿筋は見分けがつかないので、中殿筋を揺らしながらマッサージするとほぐれやすく小殿筋に圧を掛けてアプローチしやすくなる。

大腿筋膜張筋はコリがある場合、マッサージするとかなり痛いが足の重だるさには効き目が抜群、膝を内側から外側へ揺らすようにマッサージするのがコツ。

揺らす際は、波打つように、一定のリズムで、ゆらゆらと動かし激しく動かさないこと。

腰痛・ひざ痛・脚のしびれ…下半身の痛みは「臀筋のコリ」が原因だった!

新品価格
¥1,458から
(2016/12/12 22:39時点)

 

もみすたFacebookで情報配信中

もみすたのFacebookでは、動画の最新情報や整体マッサージ業界の裏話やテクニック、誰でも簡単に出来るセルフストレッチやマッサージ方法を配信しています。



いいね!しておけば、もみすたブログの更新情報もスグにわかるので是非、いいね!をよろしくお願いします。
ボディトレーナーダイスケ
もみすた・ダイスケ
ボディトレーナーのダイスケです。整体マッサージの色々な情報を分かりやすくご紹介しています!プロの整体師の方には施術のコツを肩こりや身体の不調に悩む方には自分で出来るマッサージをご紹介!
おすすめ
注目されてます