プラセンタは全部で5種類!頭痛肩こり腰痛に効くのはコレ

プラセンタは全部で5種類!頭痛肩こり腰痛に効くのはコレ

プラセンタは全部で5種類。それぞれにコスト、安全性、品質に差があります。頭痛や肩こり腰痛にまで効く自分に合ったプラセンタを選びましょう。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

美容だけでなく健康にも抜群の効果を発揮するプラセンタ。肩こり、腰痛はもちろん、足のむくみや頭痛など慢性的で辛い症状にまで、しっかりと効いてくれる優れもの。

プラセンタにはランクがあり、それぞれに値段、効果、タイプが分かれています。まずは、その種類と値段をチェックして自分に合った商品を探してみましょう。

肩こりに効くグッズ、プロが選んだ肩こり解消おすすめアイテムはこちら。
http://www.momisuta.com/selfmassage/1670/

薬局やネットで買えるコスパ最強の肩こり薬を効能に併せてご紹介しています。
http://www.momisuta.com/nocategory/631/

 

医療機関でも使用されるプラセンタの効能

病院でプラセンタ

プラセンタと言えば美容のイメージが強いものですが、近年、このプラセンタの効能が健康で元気な体を維持するために重要であることが注目されています。

医療の世界では既に、更年期障害や自律神経などの疾患にプラセンタ注射が利用されており、その効果の高さから健康保険も適用可能になっています。詳しくは、肩こり腰痛にプラセンタが効く!保険を使えば1回500円

プラセンタとは生物の「胎盤」のことで、生物の赤ちゃんを育む為にありとあらゆる役割を果たしています。

タンパク質合成、有害物の解毒、ホルモンの分泌、排泄などの重要な働きはすべてプラセンタが行っておりパーフェクト臓器と呼ばれたりもします。

また、アミノ酸、活性ペプチド、ビタミン、ミネラルなど健康に欠かせない栄養素をバランスよく豊富に含んでおり、まさに完璧なサプリメント。

成長因子こそがプラセンタ最大の魅力

プラセンタ成長因子

プラセンタ最大の特徴は成長因子が含まれていることです。

成長因子とは、細胞を増殖させる作用のあるもので人間は20歳をピークに細胞の増殖が低下していきます。しかし、プラセンタに含まれる成長因子を摂取することで各組織の細胞の増殖を促し新陳代謝を促進できるのです。

つまり、20歳以前のように肉体の細胞増殖を促進することで若々しい体に戻り、血行が良くなり新陳代謝が促進されることで頭痛や肩こり腰痛などの体の不調を解消出来るのです。

この成長因子を含み摂取できるものはプラセンタだけ、他のどんなに高級なサプリメントにも含まれません。

抜群の栄養と成長因子を含んだプラセンタこそ、史上最強のサプリメントなのです。

5つのプラセンタ!違いはコスト・安全性・品質

生物の胎盤から作られるプラセンタは5つの種類に分類され、それぞれに特徴があります。

コストが低いものほど効き目が現れるのに時間が掛かり安全性が低くなります。

植物のプラセンタ

植物プラセンタ

植物に胎盤はない為、胎座(たいざ)と呼ばれる植物の胎盤のような部分から有効成分を抽出したもの。

主にアロエ、ライ麦、トウモロコシ、クロレラなどが使われており、アミノ酸やビタミンが豊富に含まれています。

胎座には発芽のための栄養分が凝縮されているので豊富な栄養素が含まれますが、植物プラセンタの一番の欠点は成長因子が含まれていないことです。

その為、動物由来のプラセンタとは比べ物ならないレベルの代物。効果が無いとまでは言えませんが、健康面やアンチエイジング効果は劣ります。

羊のプラセンタ

羊のプラセンタ

羊は人間の胎盤に近いアミノ酸組織を持っています。その為、発疹や赤みなどの拒否反応が起こりにくく、体内への吸収率が高いのが特徴です。

また、羊は豚よりも免疫力が高く、病気になりにくいので薬剤等で汚染されている心配も無いので、胎盤の質が高いのもポイントです。安全性と品質の面は全く問題はありません。

しかし、2001年厚労省が狂牛病のリスクを考えて「牛と羊の胎盤を原料に使用してはならない」と通達を出した為、国内生産はできない状態であり、日本で手に入る羊プラセンタ関連の商品はすべてニュージーランドやスイスからの輸入品。

その為、国内での流通量が非常に少なく手に入れるのが難しいのが難点です。

豚のプラセンタ

SPF豚のプラセンタ

豚は年に2回出産し、一度につき10頭前後の子豚を産む為にプラセンタエキスを大量に抽出できるため安価なのが一番の特徴です。牛プラセンタ禁止後(狂牛病のリスクがある為)プラセンタ商品の原料の主流になりました。

豚は病気にかかりやすいので、ワクチンや薬剤を投与される機会が多い為に安全性がイマイチなところが最大の欠点です。

しかし、SPF豚(Specific Pathogen Free)と呼ばれる特定の病気に感染していない健康で清浄な豚は、抗生物質や抗菌剤をほとんど摂取していないので、薬剤残留の心配がなく安全な品種です。

このSPF豚のプラセンタであれば品質も安心して利用できます。

1本にプラセンタが35,000mg【エテルノ 濃縮プラセンタ】

馬のプラセンタ

馬のプラセンタ

馬は年に1度1頭だけの出産であり、妊娠期間が長く、血統から飼育環境まで徹底した管理体制の中で育てられている為、良質で活性度が高く、安全性の高いプラセンタエキスが抽出できます。

豚に比べると大量生産できず、価格が高くなるデメリットがあります。

しかし、馬プラセンタは豚に比べてアミノ酸量が約1.2倍含まれており、豚にはない必須アミノ酸が4種類(ヒスチジン、フェニルアラニン、メチオニン、トリプトファン)と、非必須アミノ酸でありながら必須アミノ酸がなければ合成できない準必須アミノ酸を2種類(チロシン、システイン)も含有されています。

つまり、豚より安全で質が高く値段も高いのが馬プラセンタです。

母の滴プラセンタEXはコチラ

人のプラセンタ

ヒトプラセンタ

全てのプラセンタの種類の中で、安全性・品質・価格すべてにおいて最も高いのがヒトプラセンタ。

薬剤メーカーが契約している日本の産婦人科から提供される日本人の胎盤が原料となっており、HIVやB型肝炎などの血液検査が厳重に行われています。

医薬品なのでサプリメントは市販されておらず医療機関でのプラセンタ注射の原料としてのみ用いられ、疾患の治療に用いる場合は保険適用されますが、美容やアンチエイジングが目的のプラセンタ注射は保険適用外です。

詳しくは、肩こり腰痛にプラセンタが効く!保険を使えば1回500円

保険を使わない場合、一回の注射で2000~9000円と幅の広い相場となっており病院によって価格は様々、肩やお尻に注射することが多く、他のプラセンタに比べて即効性が高くスグに効果を実感できるのが特徴です。

 

もみすたSNSで最新情報配信中

もみすたSNSでは、動画の最新情報や整体マッサージ業界の裏話やテクニック、誰でも簡単に出来るセルフストレッチやマッサージ方法を配信しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

登録しておけば、もみすたブログの更新情報もスグにわかるので是非よろしくお願いします。
ボディトレーナーダイスケ
もみすた・ダイスケ
ボディトレーナーのダイスケです。整体マッサージの色々な情報を分かりやすくご紹介しています!プロの整体師の方には施術のコツを肩こりや身体の不調に悩む方には自分で出来るマッサージをご紹介!
おすすめ
注目されてます