ちゃんとみれてる?本当に骨盤が歪んでいるのか

整体師セラピストがお客さんの骨盤の位置を確認する際、うつ伏せの状態で左右の脚の長さを見比べて検査することが多いと思います。

左右の脚の踵(かかと)の位置を見て判断するやり方がメジャーですが、初心者の場合、見誤ることがあります。

うつ伏せの状態で膝が真っ直ぐ伸ばされていない、足首が外側を向いてしまっているなど、きちんと体勢がリセットされていない状態での検査をしてしまいがちです。

生まれつき片足だけ少し長い人もいれば、脚の筋力に左右差がありすぎて、短下肢になるケースなど。

脚の長さに差が生まれる理由は、骨盤の歪みだけではないということを念頭に置いて、脚の長さの左右差=骨盤の歪み、なんていう安直な判断をしないよう心掛けましょう。

セラピストのためのハンズ・オンガイド姿勢アセスメント

新品価格
¥4,320から
(2017/10/24 22:01時点)

 
 

もみすたSNSで最新情報配信中

もみすたSNSでは、動画の最新情報や整体マッサージ業界の裏話やテクニック、誰でも簡単に出来るセルフストレッチやマッサージ方法を配信しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

登録しておけば、もみすたブログの更新情報もスグにわかるので是非よろしくお願いします。
こちらも参考にどうぞ
ボディトレーナーダイスケ
もみすた・ダイスケ
ボディトレーナーのダイスケです。整体マッサージの色々な情報を分かりやすくご紹介しています!プロの整体師の方には施術のコツを肩こりや身体の不調に悩む方には自分で出来るマッサージをご紹介!
おすすめ
注目されてます