ハリなのかコリなのかを見極めた施術をしよう

筋肉が硬くなっている状態を大きく2つに分けて考えてみましょう。
 
皮膚の表面までパンパンに張りが強く出ている場合、極端な運動などで全身に疲労が溜まっています。
 
深く強く押すのではなく、表面の張りをほぐすイメージで優しく持続圧で、気持ち弱めくらいの強さ加減が理想的です。

慢性的でいつも肩こりや腰痛がある人の場合、筋肉の表面ではなく、より体幹に近い奥深くの筋肉が疲労しています。

深く強めにコリをピンポイントで捉え、コリの中心の芯を狙って押していきましょう。

しっかりとコリを捉えることが出来たら、15秒間を目安に押し続けてみましょう。

段々と柔らかくなっていきます。

 
 

もみすたSNSで最新情報配信中

もみすたSNSでは、動画の最新情報や整体マッサージ業界の裏話やテクニック、誰でも簡単に出来るセルフストレッチやマッサージ方法を配信しています。

 このエントリーをはてなブックマークに追加

登録しておけば、もみすたブログの更新情報もスグにわかるので是非よろしくお願いします。
こちらも参考にどうぞ
ボディトレーナーダイスケ
もみすた・ダイスケ
ボディトレーナーのダイスケです。整体マッサージの色々な情報を分かりやすくご紹介しています!プロの整体師の方には施術のコツを肩こりや身体の不調に悩む方には自分で出来るマッサージをご紹介!
おすすめ
注目されてます