足裏マッサージの基本デトックスのツボから始めよう

足ツボの基本は3箇所だけ!デトックスのツボから始めよう

数多くある足裏のツボを全部覚えるのは大変。まずは基本のデトックス効果のある3つのツボ、膀胱、尿管、腎臓を覚えて足裏マッサージデビューしましょう。
Post: 2015年09月22日
LastUpdate: 2017年05月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 

全身のツボがある足裏は避けては通れない整体師、セラピストの道です。リフレクソロジーと言われる足専門の施術をするエキスパートもいる人ほど奥の深い足裏のマッサージ。

台湾式、中国式、英国式、スウェーデン式、タイ式など、足裏のマッサージには数多くの種類があり全部覚えるのは本当に大変です。

まずは、基本となるデトックスを促し全身のマッサージ効果を倍増させる3つの箇所から覚えていきましょう。

足のむくみに効く足ツボマッサージはコチラ。
http://www.momisuta.com/massageprofessional/870/

 

第二の心臓と言われる足

心臓から流れた血液は足に送られそこからまた心臓へ送り返されます。そのポンプ作用の働きをしているのが足の筋肉。その為、足は第二の心臓と呼ばれています。中でも足裏は反射区と呼ばれるツボが無数にある足の中でも重要な箇所です。

足裏のツボを全部覚えることが出来れば、筋肉だけでなく、胃や心臓、肝臓などの各臓器のどこが悪いか足裏を押して痛みがあるかどうかで判断することも出来ます。

もちろん、医師の診断は必須ですが、お客さんの生活習慣からどのあたりの臓器が悪そうか予想して押してみると痛みのある部位と関連していることが多くあります。

例えば、暴飲暴食が続いている人は肝臓のツボや胃腸のツボを押すと激痛が走ります。バランスの取れた食生活の人の肝臓や胃腸のツボを押しても痛みは感じず、むしろ気持ちよくて眠ってしまうこともあります。

普通のマッサージでは筋肉にしかアプローチできませんが、足裏のツボとマッサージを覚えていくことで臓器にまでアプローチしていけるのが足ツボマッサージの面白い所です。

どこからすれば?多すぎる足裏のツボの数

足裏のツボの配置は人体の内臓や器官の配置に似ており人間の体の縮図とも言われます。

全てのツボの箇所を覚えて適切にツボを刺激すれば、筋肉だけでなく内臓を含めた全身のケアが出来ます。しかし、それだけに足裏のツボは数多くマッサージ業界初心者の頃は取り組みにくい箇所でもあります。

デトックスの足ツボから始めてみよう

多すぎる足裏のツボ

そこで、おススメなのがマッサージ後、体に溜まった老廃物の排泄を促すことで体の回復を早めることが出来るデトックス効果のある足裏のツボです。

全身のマッサージを行うことで、筋肉がほぐれて血行が良くなります。すると、血流が滞ることで溜まっていた疲労物質が一気に全身に流れ始めるので、体に重だるさを感じ始めます。

いつものマッサージに合わせて、利尿作用があるツボを押しておくとマッサージ後の疲労物質や老廃物を排泄しやすくできるのです。全身のマッサージと足裏マッサージ後に、コップ一杯の水を飲んでもらえれば一気に体の毒素を排出しスッキリとした元気な状態に導けます。

その為、まずはデトックス効果の高い膀胱、腎臓、尿管の3点セットのツボを覚えるところから始めてみましょう。

膀胱のツボ

膀胱のツボ
足の内側、くるぶしから指約2本分下に位置するのが膀胱のツボ。

押し方は、親指で押し込むようにするか、人差し指か中指で親指を挟み込み指を曲げた状態で第二関節を差し込むように押しましょう。

強さはお好みですが、直接、利尿作用を促せるツボなのでしっかりと強めに押すと効果的です。

また、この膀胱のツボからデトックスのツボは連なっているので押さえる箇所を間違えないように気をつけましょう。間違えてしまうと、この後に続くデトックスのツボの位置が微妙にズレていってしまうので効果が半減してしまいます。

尿管のツボ

尿管のツボ
足裏にある膀胱のツボと腎臓のツボを繋ぐようにあるのが尿管のツボ。

排泄物をスムーズに流す役割に効果を発揮します。親指や中指の第二関節を使ってこし出す様になぞりながら押しましょう。

こし出すようにこすりあげて押していくと、指先に「ぷちぷち」とした感触を感じることがあります。それは、まさにコリなのでしっかりと、ぷちぷちとした感触がなくなるまで押していきましょう。

痛すぎるようなイメージがありますが、意外とその「ぷちぷち」とした部分をこすりあげられるのは気持ちがいいものです。遠慮なくどんどん押してください。

腎臓のツボ

足裏ツボ腎臓
土踏まずのやや上の方、足裏のど真ん中に位置する腎臓のツボ。

デトックス効果だけでなく腎臓はエネルギー代謝の要となる臓器なので肥満解消の効果もあります。

親指や中指の第二関節を使って押圧しましょう。基本的に強めの圧が効果的です。しっかりとこのツボに圧をかけて刺激することができると施術中にお客さんの体がぽかぽかとして温かくなっていきます。

施術後もその効果は持続しますから冷え性で悩む女性のお客さんに、特におすすめのツボでもあります。

下から順番に押し上げるようなイメージで

腎臓、膀胱、尿管の足裏ツボ

膀胱から尿管、腎臓へと足裏の下から上へ向かってこすりあげていく様にツボを刺激するのがポイントです。

必ずこの3つのツボはセットで押してください。3つのツボを刺激することで体の排泄が促進、新陳代謝が促されることでマッサージ後の体の回復がより高まります。

きちんとこの三点を押すことができれば、施術中にトイレに行くこともあるほど効果のあるツボです。

足裏マッサージにまだ挑戦したことがない整体師、セラピストの方は施術中や、施術後すぐにトイレに行かせることができるのを一つの指標として頑張ってみるのも良いと思います。

 

足裏マッサージの基本デトックスのツボのまとめ

足裏のツボは数が多すぎてマッサージ初心者は取り組みにくい箇所ではあるが、足裏のツボを刺激することで筋肉だけでなく、内臓にまで効果的にアプローチすることが出来る。

まずは、膀胱、尿管、腎臓のデトックス効果のある3つの足裏のツボから始めるのがおすすめ、3点セットで押すとマッサージ後の新陳代謝が促進され、体の回復が高まる。膀胱、尿管、腎臓のツボの順番に足裏の下から上に向かって押すとやりやすい。

押し方に決まりはないが、各足裏のツボはしっかりと拇指や、人差し指、中指の第二関節を使って強めに押すのが鉄則。

慣れるまでは力を使う押し方になりがちですが、段々と体重を上手く乗せて楽に押せるようになっていきます。基本となるデトックスの3つのツボをしっかりと押せるようになったら、徐々に押すツボの数を増やしていきながら、足裏のマッサージを覚えていきましょう。

貼って寝るだけ翌朝スッキリ!天使の休足

 

もみすたFacebookで情報配信中

もみすたのFacebookでは、動画の最新情報や整体マッサージ業界の裏話やテクニック、誰でも簡単に出来るセルフストレッチやマッサージ方法を配信しています。



いいね!しておけば、もみすたブログの更新情報もスグにわかるので是非、いいね!をよろしくお願いします。
ボディトレーナーダイスケ
もみすた・ダイスケ
ボディトレーナーのダイスケです。整体マッサージの色々な情報を分かりやすくご紹介しています!プロの整体師の方には施術のコツを肩こりや身体の不調に悩む方には自分で出来るマッサージをご紹介!
おすすめ
注目されてます